雨の日の必需品

雨の日の必需品 - 傘について

傘について

雨の日の必需品

雨の日に傘をさしていると、それは当然のように思うこともあるでしょう。

でも実際に忘れたり壊れたりしてさせないような状況になって、雨に濡れた時に、本当にありがたいものなんだなということに気がつくのではないでしょうか。

人から借りたり一緒に入れてもらったりすることによって、助かったーという気持ちになると思います。実際に当然のように普段思っていることでも、それが手元にないと突然不安になったり、困るということも結構あるのです。なくして初めて分かる有難みのようなものです。

傘を忘れたり失くしたりして、濡れて仕方なく家に帰ってきたけれど、どうも熱っぽい・・濡れてしまったのが原因だな・・と思ってもそれはもう仕方がないことです。

必要な時に必要なものが近くにある、使用することが出来るということは、それは運もあるかもしれません。

例えばいつも日頃から大切にして、ケアもちゃんとしていたような傘を、今日はふと持って行こうかなと思って持って行ったら、雨が降ってきて、本当は濡れてしまうはずだったのに、濡れずに済んだということもあるかもしれません。それは以心伝心のようなものではないでしょうか。

大切にしているということに対して恩返しをしてくれたのかもしれません。たかが物だからと思わずに物にも魂があるということを忘れずにいたいものです。