レイングッズ

レイングッズ - 傘について

傘について

レイングッズ

レイングッズ

雨が降ったら傘、長靴、カッパ。
私たちが子供だったころは、その3つの選択肢しかなかったように思いますが、現在では実に様々なグッズが誕生しています。
1つ持っておくととっても便利な、レイングッズを紹介します!

■レイングッズの基本~傘~
ビニール傘、折りたたみ傘、主にこの2つが挙げられます。
機能性の高い傘だと、折りたたみ傘なのですがワンタッチで広げたり閉じたりができるもの、そして、耐久性に優れていて雹や霰が降っても穴が開いたりしないものなど、素材にこだわって作られた高級傘も存在します。
そのほか、「足元まで濡れない」ことに焦点を当てて開発された、変形タイプの大きな傘、日傘としても使えるような、背中まで覆うようなタイプの傘など、実に様々あります。

機能にこだわらなければ、とても安い金額で手に入る傘。
傘はどこでも買える、という環境がそうさせているのか、日本国内の傘の販売数は、国民一人当たり年間1本買っている計算、1億2000~3000万本にものぼるようです(日本洋傘振興協議会調べ)
家にビニール傘が何本もあるという人は、この機会にお気に入りの1本を見つけてみるのもいいかもしれません。

■ファッショナブルなものが増えた、レインコート
体型を無視した大きなビニールカッパしかない時代もありましたが、最近ではレインコートということがわからないくらい、おしゃれなものが普及してきています。
男性女性ともに、ハイブランドもこぞってレインコートを販売しています。
女性のものでは、ノーブランドのものですが4000円台から、可愛らしくて着るのにためらわないものが販売されています。

レインコートは、外で長い時間過ごすことがわかっている場合、例えば野外ライブ、キャンプなど、アウトドアの面でも非常に活躍します。
生地は薄いですが、雨を通さない分、通気性がやや低いため、裏を返すと保温性も高いのです。
いざというときの防寒具としても持っておいて損はないですね。

■おしゃれな人の代名詞、レインブーツ
雨といえば長靴は子供時代で終わりです。
最近では、レイン対応のパンプス、スリッポンなどの種類まで発売されています。
基本的には、雨を通さないビニル製などで、かわいらしい柄や、ジョッキーブーツなどのようなおしゃれなブーツを模したレインブーツも出回っており、使う人のセンスを示すアイコンにもなっています。

物によっては明らかにレインブーツ、とわかるものもありますので、天気が変わりやすそうな日はできるだけレインブーツに見えない機能性の靴を選ぶのが、賢いおしゃれ女子、男子、と言えるかもしれません。

「なくてもいいけれど、あると便利かつおしゃれ」なのが、傘以外のレイングッズと言えるのではないでしょうか。
レイングッズというだけで、通常の靴やコートよりも安い価格帯でも買えることも魅力のひとつです。
たまにしか使わないものだからこそ、人と差をつけたいですよね。