ジャンプ傘

ジャンプ傘 - 傘について

傘について

ジャンプ傘

雨の日には多くの人が使用する傘

雨の日には多くの人が使用する傘。
傘は多種多様であり、高級ブランドのものから100均で買えるお手頃なものまで様々です。
実はこの傘にはいくつかの種類が存在していますので、ここで簡単に紹介させていただきます。

まずは最も一般的な雨傘である「こうもり傘」です。
日本に入ってき最初に普及した洋傘は黒くて大きめの傘で、ひろげた形がこうもりに見えたことからこうもり傘という名前がつけられたと言われています。
現代では黒一色の傘だけではなくカラフルなものが多いため、あまりこうもり傘という名前は使用されなくなってきていますが、当時は洋傘をこうもり傘と呼んでいましたので、厳密には多くの人がこのこうもり傘を使用していることになります。

次に折りたたみ傘です。
その名前の通り、二段階か三段階に小さく折りたためる洋傘を指します。
「今日は雨が降りそうだな」という時にカバンに放り込んで持ち歩くことができるため、折りたたみができない傘と比較して荷物にならないのが最大のメリットです。
ただ折りたたみ傘ゆえのデメリットというのも存在しており、一般的な洋傘と比較して若干小さめにできていることや強い雨や風に対して強度がそれほど高くない点もあります。

ジャンプ傘

最後にジャンプ傘です。
ジャンプ傘と聞いてもピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、実は結構身近にあるものです。
ジャンプ傘の特徴はボタン一つでパッと広がる点です。

手荷物などを持っている時に通常の傘ではなかなか開くのが難しいこともありますが、ジャンプ傘は片手一つでも簡単に開くことができるのが利点といえるでしょう。
最近ではコンビニでもビニール傘の一つとしてジャンプ傘が売られており、人気が高いものといえるでしょう。
中には閉じるのもボタン一つで、というものもあるそうですよ。