エアー傘

エアー傘 - 傘について

傘について

エアー傘

雨の日に雨粒から衣服やからだが濡れるのを防いでくれる「傘」。
この傘というのは、今では老若男女を問わず使用されていますが、かつては女性のためのもの、特に貴族婦人のためのものでした。
かつての高貴な身分にある女性が使用する傘は雨除けとしてではなく、外出をする際の日傘として、また権威を象徴するものとして存在していました。

傘が雨傘として使用されるようになるのは18世紀も後半になってからです。
当時も傘を持つのは女性というのが常識でしたが、イギリス人のとある男性が防水加工を施した傘を雨の日にずっと使い続けた事に始まります。
奇異の目で見られた彼でしたが、長年使い続けることで違和感を覚える人も少なくなり、傘を持つ男性のイメージというのも次第に浸透していきました。
その後は雨傘として傘を使用する人は爆発的に増え、日本にも明治時代に洋傘が入ってきて現在に至ります。

そんな長い歴史を持つ傘ですが、当時から比較しても基本的に構造や形状に大きな変化もなかったのですが、最近傘の革新とも呼べるものが開発されました。
それは「エアー傘」と呼ばれるものです。

エアー傘はその名前の通り空気の力を利用して濡れるのを防ぎます。
形状はスティックと先端に取り付けられた空気の吹き出し口のみで、通常の傘にある骨や生地といったものもありません。
スティックの下部から空気を吸い込み、上部の吹き出し口から放射線状に空気を発生させることでエアー傘を持っている人に雨粒を寄せ付けないようになっています。

まだ実用の段階にはなく課題は数多く残されていますがもし実用化されることになれば、使い始めこそ先のイギリス人男性のように奇異の目で見られてしまう可能性はありますが、雨傘が誕生した時のように一般的なものとして浸透していくかもしれませんね。