日傘と雨傘の違い

日傘と雨傘の違い - 傘について

傘について

日傘と雨傘の違い

実際に晴雨兼用というようなものも多いですが、そもそも日傘と雨傘の違いというのはどこにあるのか気になるところですよね。

本来は雨傘は雨や風から身を守るというようなものなので、大き目に作られていることが多いですし、素材も雨を通さないようなものになっています。

それに比べて日傘は頭や顔を日焼けや日差しから守り避けるというようなものですから、本来は小さめに作られている事が多いです。

そしてUVカットがしてあるようなものも結構あります。実際に晴雨兼用のものが多いのは、その方が売れやすいからという事もありますね。長く使えますし、使う率も高くなります。

もし購入するなら晴雨兼用を意識して購入するのもお得かもしれませんね。

でもどうしても日傘そのものが持っている愛らしさや軽い雰囲気、お洒落さというものは晴雨兼用の傘には無いかもしれません。

雨が降っていても日差しに対しても使えるということから、デザイン性にこだわるというよりも、機能性にこだわっているものが多いのではないでしょうか。

なので、日傘自体のデザイン性にこだわりがあると言う人には、どこか物足らなかったり、思っているものと違うというようなものになってしまうかもしれませんね。