自転車での傘は危険

自転車での傘は危険 - 傘について

傘について

自転車での傘は危険

雨の日に急いでお買い物に行かなければいけないというような時、子供のお迎えに行かなければいけない時など、ついつい傘をさしながら自転車に乗るということもあるかもしれません。

実際に自転車に乗る事に慣れているので、大丈夫だろうと思って乗っていても結構不安定ですし、フラフラすることも多いと思います。

自分では慣れたつもりでも、近くを走っている車や歩行者から見るとぶつかりそうで、とても危ないという場合もあるのです。

それが当然のようになってしまっている人も結構いるかもしれません。そんな人のために自転車用傘スタンドというものを付けるのも一つの方法ですね。

両手がふさがることなく、しっかりとハンドルが握れますから基本的には安定するかもしれません。

でも重い荷物などを籠にいれたり、傘自体が重い場合はやはり普段の運転よりも運転しづらいということになるかもしれないので、注意が必要です。

出来るだけ安全に運転するということは自分自身のためだけではなく、道を歩いたりしている歩行者や車を運転している人に対するマナーにもつながるのです。

自分にとっては便利だからという理由でそうしているかもしれませんが、そういったマナーを守るということは本来とても必要だということを自覚する必要があります。